壁の厚みを利用して収納スペースを確保してみてはいかがでしょうか。

家造りにおいて収納不足は暮らしにくさにも繋がるだけに、収納不足を少しでも解消するためにも壁の厚みさえも無駄にできないのです。

壁の厚みを利用した壁厚収納は、建築の構造や工法などによって設置できない場所もあるので、プランニングの際には業者の人に事前にしっかりと確認しておくといいでしょう。収納スペースとして利用するため、物の出し入れがしやすい位置に設けることがポイントの一つです。

この壁厚収納が最近人気を高めている理由は、空間を狭めることがないからです。そのため広さに余裕がある場所はもちろんのこと、トイレなど広さに限りのある空間でも手軽に設けることができるのです。奥行が浅い収納スペースなので、小物などを収納するのに最適です。目に触れると生活感を感じさせてしまう場合には前に扉を設けておけばしっかりと収納している物を隠すことができますし、オープンにしておけば見せる収納としてインテリアのアクセントにもなるのです。物を収納するばかりでなく、お気に入りの雑貨や写真などを並べて飾り棚として利用させるのも空間をオシャレな印象にしてくれるので人気です。

我が家の新居にもこの壁厚収納を玄関ホールに設けました。

縦長の壁厚収納は、お客様のスリッパを収納しています。お客様用のものなので使用頻度が低いのでホコリがかぶらないように、そしてスリッパが目に触れる生活感を感じさせるのでこの壁厚収納の前にはミラー扉を設けました。扉があることでホコリをかぶる心配もスリッパが目に触れることもないですし、ミラー扉なので家族が外出前に身だしなみを整えるにも最適なのです。

壁の厚みも上手に活用させて収納の充実に繋げたいものですね。