近年はベッドを使う事も増え、毎日の布団の上げ下ろしから開放されている人も多いでしょう。しかし、人間は寝ている間にたくさんの汗をかきます。ベッドとはいっても、布団の手入れは必要です。

 布団は保温性に優れあたたかいのですが、ふわふわとしてかさばるので、持ち運びが大変です。

 収納のトレンドである立てて収納を、布団にも応用してみましょう。

 立ててしまうには、布団を丸めるのが良いようです。クルクル巻いて、古いTシャツなどをかぶせて、クローゼットに縦に立てて仕舞います。押入れの場合は、本来畳んでしまうのが前提なので、中段に持ち上げるのはかえって大変な場合もあります。中段に入る、圧縮した布団を立てて収納するラックもありますが、楽に仕舞うなら、下段に寝かせて入れても良いでしょう。その場合キャスター付きのラックに乗せると、出し入れが楽です。

 掛け布団は簡単に丸められますが、敷き布団が丸まらなければ、三つ折やZ折りでも立てられます。倒れてこないように、突っ張り棒や、横に収納棚を置いて押さえに使っても良いでしょう。

 布団の大敵は湿気です。収納場所ではスノコやラックを使って風通しを良くしましょう。そして何よりも、天気の良い日には、干して太陽の光を当てる事が一番です。湿気を逃がし、ダニやカビの発生も防げます。同時に枕も干すのを忘れないようにしましょう。花粉の季節には、室内で掃除機を掛け、花粉用の除菌スプレーをして、良く乾かします。

 圧縮袋は、季節外の布団や、来客用布団の収納には、場所をとらず便利です。しかし時間が立つと少しずつ空気が入って膨らむので、時々出して空気を入れ替えて詰め直しましょう。羊毛布団や羽毛布団は、圧縮してはいけません。