Archive for the ‘ 住まい ’ Category

壁厚収納

 壁の厚みを利用して収納スペースを確保してみてはいかがでしょうか。

家造りにおいて収納不足は暮らしにくさにも繋がるだけに、収納不足を少しでも解消するためにも壁の厚みさえも無駄にできないのです。

壁の厚みを利用した壁厚収納は、建築の構造や工法などによって設置できない場所もあるので、プランニングの際には業者の人に事前にしっかりと確認しておくといいでしょう。収納スペースとして利用するため、物の出し入れがしやすい位置に設けることがポイントの一つです。

この壁厚収納が最近人気を高めている理由は、空間を狭めることがないからです。そのため広さに余裕がある場所はもちろんのこと、トイレなど広さに限りのある空間でも手軽に設けることができるのです。奥行が浅い収納スペースなので、小物などを収納するのに最適です。目に触れると生活感を感じさせてしまう場合には前に扉を設けておけばしっかりと収納している物を隠すことができますし、オープンにしておけば見せる収納としてインテリアのアクセントにもなるのです。物を収納するばかりでなく、お気に入りの雑貨や写真などを並べて飾り棚として利用させるのも空間をオシャレな印象にしてくれるので人気です。

我が家の新居にもこの壁厚収納を玄関ホールに設けました。

縦長の壁厚収納は、お客様のスリッパを収納しています。お客様用のものなので使用頻度が低いのでホコリがかぶらないように、そしてスリッパが目に触れる生活感を感じさせるのでこの壁厚収納の前にはミラー扉を設けました。扉があることでホコリをかぶる心配もスリッパが目に触れることもないですし、ミラー扉なので家族が外出前に身だしなみを整えるにも最適なのです。

壁の厚みも上手に活用させて収納の充実に繋げたいものですね。

狭い部屋の収納

狭い部屋を活用する工夫

  • 出しやすく仕舞いやすい収納・・・使う場所の近くに置きます。また、帽子やアクセサリーは壁掛けの見せる収納にすると、おしゃれな上に、使いやすいです。
  • レイアウトの工夫・・・ベッドは壁際に置き、下を収納スペースにします。机を傍に置くと、ベッドが椅子としても使えます。目的で部屋を分けるときは、仕切りに収納を兼ねた棚などを使いましょう。色が濃く大きい家具は、明るいところに置くと圧迫感がなく、入り口から遠いところに置くと、小さく見えます。
  • 家具の選び方・・・目線より低い家具は、部屋を広く見せます。色は明るいものにし、3色までに押さえます。
  • 鏡や照明を利用する・・・壁に大きい鏡をつけると、奥行きが感じられます。高いところで照明が映るようにすると、明かり取りの窓代わりになります。フロアランプやスタンドで奥行きを出す事もできます。
  • カビや虫、湿気対策も忘れずに・・・クローゼットには除湿剤や防虫剤を入れ、ベッド下収納には良く出し入れする物を仕舞うと、出し入れの度に換気できます。

 仕分けのコツと物の捨て方

  • 物の価値は自分にしか分かりません。自分のルールを作りましょう。無理に捨てなくても良いし、1年だけ取っておこうというルールでもかまいません。
  • リサイクルする・・・洋服や家電製品は、状態が良い物はリサイクルできます。リサイクルショップで買い取ってもらう、使いたい人に使ってもらうほか、衣類は災害地や発展途上国への寄付という方法もあります。

トランクルームの利用・・・収納場所が無いけれど、どうしても捨てられない物、1年1回しか使わないものなどは、トランクルームに預けるという方法もあります。

浴室換気乾燥暖房機

最近では浴室の天井に浴室換気乾燥暖房機が設けられている家庭も多いと思います。
一台で何役も果たしてくれるため快適なバスタイムを送ることに繋がったり、浴室をより有効活用させることができるのです。
寒い冬に活躍してくれるのが、予備暖房機能です。
冬の一番風呂はヒヤッとつめたく誰もが避けたいと感じてしまいがちです。
しかし、この機能を利用することで入浴時のひんやり感を緩和してくれ、入浴前の浴室を暖めておいてくれるのです。
冬の一番風呂でも快適なのです。そして、夏には涼風機能が活躍します。夏の入浴時やお掃除の時の暑さ対策に、爽やかな涼風感が得られます。浴室を素早く換気してくれます。
もちろん、浴室換気機能もあります。
浴室使用後の水滴や湿気を排出し、カビの発生やいやなニオイを防止してくれるのです。
そして、衣類乾燥機能です。
雨や雪などの悪天候時、花粉が多く飛散する時期など屋外に洗濯物を干せない場合に浴室の遊休時間を利用して衣類を乾燥できるのです。
洗濯物がシワになりにくく、花粉やホコリもつかないため清潔に衣類を乾かすことができます。
加えて、女性に嬉しいミストサウナ機能が設けられているものもあります。
体温より低めの約35℃を中心に5段階の温度調整が行え、汗をかきにくい温度でゆっくりとお肌や髪のお手入れをすることができ、心身共にリラックスできるのです。
快適なバスタイムを送るにはこのように環境を整え、より居心地のいい浴室を目指してみるのはいかがでしょうか。

収納する物の特性を知る

物には寿命があり、物の寿命を考えないと、循環型の収納は出来ません。物には3つの意味があります。

★消えもの
食べたり使ったりして無くなっていく物です。食品・洗剤・トイレットペーパーなどで、寿命が決めやすいものです。これ等のストックは、最大1ヶ月で良いでしょう。総数を把握するには、開封した物と、未開封の物は明確に分けて収納します。未開封の物は全部一か所にまとめて収納し、ストックを確認すれば、今月消費する物の総量が分かる仕組みです。

★耐久消費財
一度買ったら壊れないかぎり処分されない物で、日本の家庭には物の総量の7割以上を占めているといわれています。この中にはローンを組んだり貯金をしたりして買う高価な物がある一方、安くても壊れないために捨てられない食器や家電品もあります。これ等は買うときに、いつまで使えば元が取れるかを計算し、もったいないからとっておくを、もったいないから循環させるという意識に変えましょう。欲しい人に回す、十分に使ったと割り切る、などして、収納スペースの経済的な損失にならないようにしましょう。

★思い出や愛着がある物
物の寿命をどうすることもできない、収納で一番困るものです。いつか使う事は絶対にないけれど、見るたびに幸せを感じる物で、他の人に重要性を知ってもらうことも、処分の判断を委ねることも出来ない物です。どのくらいのスペースを当てるかは、個人の判断ですが、ロフトいっぱいの想い出の物よりも、心で押したシャッターの思い出の方が大切な場合もあるでしょう。年をとってきたら、いつまで保管、誰に手渡す物などと、メモをつけて見直しの収納をすることも必要かも知れません。

間取り

家造りでまず決めることは、間取りです。間取りによってその住宅の暮らしやすさも変わってくるだけに、住宅内の動線をイメージしながら無駄な動きをせず、効率よく移動できる住まいを目指しましょう。そこで我が家が間取りを決める際に注目したのが「洗面室」です。

洗面室は、家族みんなが一日何度も多目的に使用しますし、家事を行う上でも重要な空間です。そのためこの洗面室を行き止まりのない回遊型の動線にしました。帰宅してスムーズに洗面室へ行けるように、玄関側からの動線と家事を行う上でキッチンと洗面室はよく行き来をするため、キッチンからの動線と2方向の動線を確保したのです。玄関側の動線を得たことで、帰宅してまずこの洗面室へと向かい手洗いを行います。外で汚れて帰宅してもスムーズに洗面室へと行けるため、室内を汚さずに済みます。

家事を行う際に、キッチンで朝食の支度をしながら洗面室では洗濯を行ったり、夕飯の支度を行いながら洗面室では入浴の事前準備や洗濯物をまとめたりとこれら2つの空間で同時に2種類の家事を行うことが多いだけに、キッチンからの動線のスムーズさが家事の効率に大きく影響してきます。キッチンからの動線を確保し同時に2種類の家事を行いやすくしたのです。キッチンから洗面室、そして玄関へとスムーズに移動できるため住宅内の動きもしやすいのです。間取りを決める際には動線を意識して、最短で動きやすい動線にしましょう。

子ども部屋

子どもが幼少期は、個室を必要としません。我が家の子ども達はまだ小さいためそれぞれに個室を設けるのではなく、広々としたワンルームの子ども部屋を設け、将来的にこのワンルームを二つの個室として利用できるように計画しました。

住宅の中で空間に一番変化が求められるのが子ども部屋です。子どもの成長に合わせてピッタリの空間が広がるようにしてあげたいものです。将来二つの個室になることを想定して出入りするドアや窓、照明やコンセント、クローゼットは二部屋分設けておきます。このようにしっかりと環境をあらかじめ設けておくことで、個室を必要とした時おおがかりなリフォームをすることなく空間を簡単に区切ることができるのです。

空間を区切る際は、壁で区切るのもいいのですが、可動間仕切り収納を取り入れるとより簡単にそして手軽に空間のレイアウトを変更することができます。幼少期は壁に沿わせるようにこれを設置しておきます。そうすることで広々空間が確保でき、のびのびと遊べる空間が広がります。小学校高学年頃になると兄弟姉妹との繋がりを感じながらも、プライベートな空間も欲しくなるものです。この時期は可動間仕切り収納を半分だけ部屋の中央で移動させ、独立した空間を手に入れられるようにします。そして、中学・高校生頃になると個室が必要とするのでその時には残りの間仕切り収納を部屋の中央へと移動させて空間を完全に区切るのです。

子ども達が成長すればいずれは巣立っていきます。巣立っていった子ども部屋を再びワンルームへと戻して新たな活用法を取り入れることもでき、臨機応変に対応しやすくなるのです。子ども部屋は柔軟な対応が行える環境作りを心がけましょう。

あかり

気分や目的に合わせてあかりを模様替えできる住まいにしてみてはいかがでしょうか。リモコン一つで明るさの色味や度合いを変えられ、適したあかるさで空間を照らすことでその空間の快適性を高められるのです。

家族が長時間過ごすリビングは、みんなが様々なことをして過ごします。テレビを見ながらくつろいだり、勉強や読書をしたり、家事をしたりと一つの空間で多目的に使用されます。それだけにその時々で適したあかるさが求められます。一日の始まりはすがすがしくスタートさせたいものです。人が心地よく感じるのが快晴の青空です。そこで白~青っぽい光色でリビングを照らします。そうすることですがすがしく爽やかな気分になり、朝の目覚めもスッキリとして心身ともにリフレッシュされます。

逆に夜は、家族みんなでくつろげる空間が求められます。より落ち着いた雰囲気となるように赤みかがった光色でリビングを照らすのです。部屋のくつろぎ感が高まり、家族の友人とリラックスしたり、くつろぎたい時には適しているのです。勉強や読書を行う際には、白~青っぽい光色で、明るさの度合いをアップさせます。そうすることで文字が見やすく、勉強への集中力も高められるのです。

リモコン一つで操作できる手軽さも嬉しいものです。照明を選ぶ際には、つい照明器具のデザイン性ばかりに注目してしまいがちですが、あかるさの色味やあかるさの度合いにも注目して機能性に優れた照明器具を設けることで、室内の快適性も変わってくるのです。

吊り戸棚が無いキッチン

ワークトップ下の引き出しを120%活用
流しの下にある引き出しは上下2段に分け、上には片手鍋とボウルなど、下には鍋がしまわれています。もう一段引き出しがあり、鍋とフタ、土鍋、ヤカンを収納して、水を張って使う調理道具が全て収まっています。
レンジの下にある引き出しの上段には、フライパンとフタを立てて収納し、空いた場所にはオイルなどの調味料が収まっています。下の引き出しには、卓上コンロや卓上IH、たこ焼きプレート、バットといった薄い道具を、使用頻度の低い順に重ねてしまっています。

食洗器下の小さな引き出しは、キッチン用洗剤とお手入れ用品を入れています。
スペースを無駄なく使うために、深さのあるフライパンやツマミのある鍋のフタは、A4サイズのマガジンホルダーに立てて収納し、プラスチック製で、大きいものを入れても程よく膨らんでくれるのは、100円グッズの良いところです。引き出しの手前の空きスペースもフル活用し、洗剤ボトルやペーパーナプキンの束を入れています。

小さくても収納力があるラック
調理家電用家具の隣には、カウンターを兼ねた収納ラックには、引き出しケースの上に布ケースを置き、乾物や保存食品のストックを収納し、下段にはゴミ箱を入れています。ラックの横にはプラカゴを引っ掛け、食品のほかにハサミやヒモなども入っています。冷蔵庫の横のマグネット式のタオル掛けにもプラカゴをつけ、レジ袋などを入れています。

片付いて見えるには、色を統一する
壁の仕上げをはじめ、収納扉、調理家電などを白で統一すると、キッチン全体が明るくなり清潔感も出ます。また色数を抑えたキッチンでは、赤や黄色のアクセントカラーも映えます。

1坪洗面室

今までは洗面室の広さは1坪が一般的と言われていました。しかし、洗面室をユーティリティスペースとしても利用させる家庭が増え、1坪以上の広さに余裕のある洗面室が設けられることが多いのです。しかし、我が家の洗面室は1坪という限られた広さしかありません。しかし、限られた空間を無駄なく最大限に有効活用させることで1坪でも十分であると感じています。

まず洗面室の扉を引き戸にしました。引き戸にすることで洗面室内にデッドスペースを生まず、空間を最大限に有効活用できるのです。そして、通常洗濯機の上部辺りに設けられる窓を、天井近くの高い位置に設けました。そうすることで壁面を確保できますし、窓を物でふさぐこともありません。チェーンで開閉できる窓であればしっかりと採光・採風が確保できます。

洗面台と洗濯機を横並びに設置しています。二つの間には30㎝ほどの隙間が生まれます。この隙間をそのままにするのではなく、洗面台と同じ高さと奥行の隙間収納を設けました。タオル類やお化粧道具、ヘアアイロンや洗濯洗剤など意外と収納力があるのです。そして洗濯機上部には可動オープン棚を設けて下着やパジャマを収納することができています。

入浴時には着替えを置いておくカウンターがあると便利です。そこで開閉式のカウンターを設け、使わない時は壁にしっかりと収められるようにすることでスッキリとした空間となっています。1坪での上手に活用させれば利用しやすい空間となるのです。

吹き抜けのあるリビング

我が家はリビングの一部分に吹き抜けを設けました。吹き抜けを設けるかどうかは最後まで悩んだことの一つでもあります。

吹き抜けを設けることでリビングがオシャレな印象になります。視線が二階にまで繋がることで面積以上の広さを確保することができますし、高い位置に設けた窓からは日差しをたっぷりと採りこむことができ、明るさや風通しを確保できるのです。縦に空間が繋がることで立体感が増し、家族がどこに居ても互いの気配を身近に感じ、家族の繋がりやコミュニケーションを大事にできるのです。

このような魅力がある一方で、デメリットが気になりなかなかふんぎることができませんでした。それは冷暖房効率を下げるということです。特に暖房使用時です。暖かい空気は上昇していきます。一階のリビングで暖房を使用しても吹き抜けを通し二階へと暖気が流れていってしまい、リビングの足元はひんやりした印象が残るのです。そこで建物自体の断熱性を高めることと、熱の出入り口で一番大きな窓の断熱性を高めました。そうすることで外気温に影響されず室内の暖気を外に逃がしにくく、外から入ってくる熱を遮断し冷暖房を効率よく使用できるようになるのです。建物全体の断熱性を高めることで一階と二階で温度差の少ない家にすることができるのです。

吹き抜け部分には天井ファンを設置し、上がってくる暖気を循環させたり、足元から暖めてくれる床暖房を取り入れて対策をとっておくのもいいと思います。冷暖房を使用した時の最初の動力は面積が大きいため少しかかってしまうのですが、冬でも暖かな住まいが広がり、冷暖房を効率よく利用できるので吹き抜けを設けて良かったと思っています。